介護保険制度特定疾病

介護保険制度特定疾病

40歳以上65歳未満の方で介護保険法に基づく給付を受けようとする場合、その要介護・要支援状態が以下の16種類の特定疾病によって生じたものでなければ、介護保険を利用できない。

  1. がん(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症※
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

例えば、50歳の男性が交通事故で両足を失ってしまい、日常生活の一部で介護が必要になっても、介護保険を利用したサービスを受けることはできない。この場合は障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスを利用することになる。

タイトルとURLをコピーしました