■介護過程はどのような介護の実践を可能にするか。

»» 答え


客観的で科学的な根拠に基づいた介護

»» 閉じる

■介護過程のプロセスには、アセスメント、計画の立案、実施のほかに何があるか。

»» 答え


評価

»» 閉じる

■利用者について情報収集、情報の解釈・関連付け・統合化、課題の明確化を行うプロセスを何というか。

»» 答え


アセスメント

»» 閉じる

■収集する情報の種類は大別した2種類ある。客観的情報ともう一つは何か。

»» 答え


主観的情報

»» 閉じる

■利用者の望む生活を実現または継続するために、解決しなければならないことを明確化したものを何というか。

»» 答え


課題(生活課題)

»» 閉じる

■長期目標は、課題が解決した状況を表現するが、課題を構成する成因部分と関係する、小さな一歩ずつの目標を何というか。

»» 答え


短期目標

»» 閉じる

■組織が定める標準的なケアの方法・手順をマニュアル化し、業務手順とすることを何というか。

»» 答え


ケアの標準化

»» 閉じる

■標準的なケアの方法に 加え、さまざまな状態像、ニーズをもつ利用者一人ひとりに応じた介護サービスを提供することを何というか。

»» 答え


ケアの個別化

»» 閉じる

■介護計画は、5W1Hを踏まえて具体的に記述する。1Hとは何を意味するか。

»» 答え


how(どのように)

»» 閉じる

■介護過程の実施においては、3つの視点を常に意識しなければならない。自立支援、安全と安心、ともう一つは何か。

»» 答え


尊厳の保持

»» 閉じる