■日本で初めて成立した貧困者に対する一般的な救済法を何というか。

»» 答え


恤救規則

»» 閉じる

■恤救規則、救護法、介護保険法、社会福祉及び介護福祉法、老人福祉法を成立した順に並べよ。

»» 答え

恤救規則(1874)-救護法(1929)-老人福祉法(1963)-社会福祉及び介護福祉法(1987)-介護保険法(2000)

»» 閉じる

■空欄を埋めよ。
2011(平成23)年の社会福祉士及び介護福祉士法の改正により、一定の研修を修了した介護福祉士や介護職員がその業務として  ①  を行うことが可能になった。
2016(平成28)年度からは介護福祉士となるために  ②  を履修することが必須となった。

»» 答え


答え ①喀痰吸引等 ②医療的ケア

»» 閉じる

■介護福祉士が医療的ケア(喀痰吸引等)を実施するために、基本研修(実時間で50時間以上)と演習を修了後、どのような研修を受けることを必要としているか

»» 答え


答え 実地研修

»» 閉じる

■高齢化率とは何か説明せよ。

»» 答え


答え 総人口に対して65歳以上の高齢人口が占める割合
例)総人口100人の村で65歳以上が10人ならば高齢化率10%

»» 閉じる

■介護問題という国民に共通するリスクを社会全体で分担し、高齢者介護を社会全体で支えていくことを何というか。

»» 答え


答え 介護の社会化

»» 閉じる

■社会の高齢化の推移に関して空欄を埋めよ。

①  高齢化社会(高齢化率② %)
③  年に  ④  (高齢化率⑤ %)
⑥  年に  ⑦  (高齢化率⑧ %)
2017(平成29)年、高齢化率⑨ 

»» 答え


1970(昭和45 ③1994(平成6) ④高齢社会 ⑤142007(平成19) ⑦超高齢社会 ⑧21 ⑨27.7

»» 閉じる

■2016(平成28)の「国民生活基本調査」について次の空欄を埋めよ
65歳以上の者のいる世帯は全世帯の ① %(2357万世帯)で ② にある。そのうち  ③  (31.3%)と④   (27.1%)が過半数を占め、次いで⑤     (20.7%)となっている。

»» 答え


48.4 ②増加傾向 ③夫婦のみの世帯 ④単独世帯 ⑤親と未婚の子のみの世帯

»» 閉じる

■2016(平成28)の「国民生活基本調査」によると、要支援となったものの原因のうち最多は何であるか。また、要介護となった原因で最多は何であるか。

»» 答え


要支援ー関節疾患、要介護ー認知症

»» 閉じる

■空欄を埋めよ。
1986(昭和61)年東京で行われた第23回①    を契機に、福祉人材の資格制度が議論されるようになった。背景には、②    が急速に進み、高齢者世帯数が増加するなかで、人々の生活設計や生活パターンも変化し、高齢者、障害者(児)の③   の多様化が進行したことがある。

»» 答え


国際社会福祉会議 ②少子高齢化 ③福祉ニーズ

»» 閉じる

■社会福祉士法に関する次の文章の空欄を埋めよ。
①   年に社会福祉及び介護福祉士法が制定された。
②   年に社会福祉士及び介護福祉士法が改正され、介護福祉士の定義規定の見直しが行われた。介護福祉士とは、「登録を受け、介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上または精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき③      を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいう」となった。
④   
社会福祉士及び介護福祉士法の見直しが行われた。介護福祉の業に「⑤    その他のその者が日常生活を営むのに必要な行為であって、⑥     に行われるもの(厚生労働省令で定められるものに限る)を含む。」が加えられた。

»» 答え

1987(昭和62) ②2007(平成19) ③心身の状況に応じた介護 2011(平成23)喀痰吸引 ⑥医師の指示の下

»» 閉じる

■介護福祉士に求められる5つの義務を述べよ。

»» 答え

信用失墜行為の禁止、秘密保持義務、連携、この3つに加え2007(平成19)年の改正時に、誠実義務、資質向上の責務の2つが加えられた。

»» 閉じる

■介護福祉士の義務規定反と罰則に関して下の表を埋めよ。

義務規定

罰則

①  

登録の取り消し、または期間を定めて介護福祉士の名称の使用の停止

1年以下の懲役または30万円以下の罰金

②  

30万円以下の罰金

③  

登録の取り消し、または期間を定めて介護福祉士の名称の使用の停止

»» 答え


秘密保持義務 ②名称の使用制限 ③信用失墜行為の禁止

»» 閉じる

■介護福祉士の欠格事由に関して、空欄に共通する言葉を空欄に入れよ

①成年被後見人または被保佐人
②禁固刑以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から起算して      
③この法律の規定その他社会福祉又は保険医療に関する法律の規定であって政令で定めるものにより、罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から起算して      
④規定により介護福祉士の登録を取り消され、その取り消しの日から起算して      

»» 答え


2年を経過しない者

»» 閉じる

■尊厳の保持が明記されている法律を6つのべよ。

»» 答え

・社会福祉法
・介護保険法(2005(平成17)年の改正以降)
・高齢者虐待防止法
・障害者基本法
・社会福祉士及び介護福祉士法
・生活困窮者自立支援法

»» 閉じる

■利用者の持っている力に着目し、その力を引き出して積極的に利用、援助することを何というか

»» 答え


エンパワメント・アプローチ

»» 閉じる

■生活経験に裏付けられた個別性を理解し、その人らしい生活を支援する方法を何というか

»» 答え


個別ケア

»» 閉じる

■ICFのモデルを描け

»» 答え

»» 閉じる

■ICFにおいて、サービスや制度はどの因子にあたるか。

»» 答え


環境因子

»» 閉じる

■ICIDHに関する次の文章の空欄を埋めよ。

ICIDH(国際障害分類)は、障害を3つの次元で整理している。①   とその結果生じた機能面の制約である②   、さらに能力障害により社会的関係のなかで権利が侵害されているという③   が生じるとされた。
この概念は、障害のある人の状態の④   を強調することになり、機能障害があれば必ず能力障害が生じ、それが社会的不利につながる、というような一方向的な図式になって、現実にそぐわない面があった。そこで生活機能という⑤   からみるように視点を転換し、環境因子個人因子の観点を加えたICFが登場した。

»» 答え

機能障害 ②能力障害 社会的不利 ④マイナス面 ⑤プラス面

»» 閉じる

■ICFが評価される側面に、障害の見方に関する2つのモデルを統合した考え方を提示していることがある。2つのモデルを何というか。

»» 答え


医学モデル社会モデル

»» 閉じる

■入浴、コミュニケ―ション、整容、服薬、この中でIADLにあたるものはどれか

»» 答え


服薬

»» 閉じる

■リハビリテーション医学と医学的リハビリテーション。どちらがより広い概念か

»» 答え

医学的リハビリテーション

»» 閉じる

■職業指導、職業訓練、職業選択などの職業的なサービスの提供を含んだ、継続的、総合的なリハビリテーションの一部であって、障害者の適切な就職の確保と継続ができるように計画されたものを何というか

»» 答え


職業リハビリテーション

»» 閉じる

■リハビリテーションの領域に関して、医学的リハビリテーション、教育的リハビリテーションの他に3つ答えよ。

»» 答え


社会リハビリテーション 地域リハビリテーション 職業リハビリテーション

»» 閉じる

■病気やケガなどで運び込まれた病院で、「現状より悪くしない」ことを目的としたリハビリを何というか

»» 答え


急性期リハビリ

»» 閉じる

■リハビリ専門病院などで行われ、機能が低下している部分の回復、場合によっては麻痺していない健康的な半身を用いた日常生活を行うための機能訓練を目指すことが主な目的のリハビリを何というか

»» 答え


回復期リハビリ

»» 閉じる

■退院後、自宅や地域の施設などで行い、日常動作を維持することが大切な目的であるリハビリを何というか。

»» 答え

維持期リハビリ

»» 閉じる

 

2018(平成30)年の「国民生活基礎調査」に関する次の文章の空欄を埋めよ。
国民の世帯構造の1~3位を答えよ。

»» 答え


夫婦と未婚の子のみの世帯が 1485 万 1 千世帯(全世帯の 29.1%)で最も多く、次いで単独世帯が 1412 万 5 千世帯(同 27.7%)、夫婦のみの世帯が 1227 万世帯(同 24.1%)となっている。
世帯数増加傾向にある。

»» 閉じる

 

2018(平成30)年の「国民生活基礎調査」では高齢者世帯は全世帯の40%を超えている。〇か×か。

»» 答え


×
高齢者世帯とは65歳以上の者のみで構成するか、またはこれに18歳未満で未婚の者が加わった世帯のこと。「高齢者世帯」は 全ての世帯でみると、1406 万 3 千世帯(全世帯の 27.6%)となっている。

»» 閉じる

 

2018(平成30)年の「国民生活基礎調査」に関する次の文章の空欄を埋めよ。
65 歳以上の者のいる世帯は 2492 万 7 千世帯(全世帯 ①  %)となっている。「65歳以上の者のいる世帯」に絞ってみると、②     が 804 万 5 千世帯(65 歳以上の者のいる世帯の32.3%)で最も多く、次いで③   が 683 万世帯(同 27.4%)、「親と未婚の子のみの世帯」が 512 万 2 千世帯(同 20.5%)となっている。65歳以上の者の「単独世帯」は④  傾向にある。
さらにそこから「高齢者世帯」に絞ってみると、⑤    が 683万世帯(高齢者世帯の 48.6%)、⑥     が 664 万 8 千世帯(47.3%)となっている。

»» 答え


①48.9 ②夫婦のみの世帯 ③単独世帯 ④増加 ⑤単独世帯 ⑥夫婦のみの世帯

»» 閉じる

 

■次の文章の空欄を埋めよ。

2016(平成28)年度の国民生活基礎調査によると、高齢者世帯の所得の状況は①    65.4%(201万6千円)、稼働所得21.1%(65万円)となっている。また、公的年金・恩給を受給している高齢者世帯のなかで公的年金・恩給の総所得に占める割合が100%の世帯つまり公的年金・恩給に100%頼っている世帯は②  となっている。

»» 答え


公的年金・恩給 ②54.1

»» 閉じる

■空欄を埋めよ。

2016(平成28)年度の国民生活基礎調査によると、介護が必要となった主な原因を要介護度別にみると、要支援者では①   が 17.2%で最 も多く、次いで「高齢による衰弱」が 16.2%となっている。要介護者では②   ③  %で 最も多く、次いで④   が 18.4%となっている。

»» 答え

関節疾患 ②認知症 24.8 ④脳血管疾患(脳卒中)

»» 閉じる

■2016(平成28)年度の国民生活基礎調査より、『主な介護者』について次の文章の空欄を埋めよ。

主な介護者(熊本県を除く。)をみると、要介護者等と①  58.7%で最も多く、次いで 「事業者」が 13.0%となっている。 「同居」の主な介護者の要介護者等との続柄をみると②   25.2%で最も多く、次いで  21.8%   9.7%となっている。 また、「同居」の主な介護者を性別にみると、男 34.0%、女 66.0%で女性が多く、これを年齢階 級別にみると、男女とも「⑤   歳」が 28.5%、33.1%と最も多くなっており、過半数⑥ 歳以上となっている。
また、同居の主な介護者の介護時間を要介護度別にみると、「要支援1」から「要介護2」までは「必要なときに手を貸す程度」が多くなっているが、「要介護3」以上では⑦      が最も多くなっている。

»» 答え

同居 ②配偶者 ③ 子の配偶者 ⑤60~69
60 ⑦ほとんど終日

»» 閉じる

■支援を要する家族を中心として、その家族の問題や解決に関わると考えられる関係者や関係機関を記載したものをなんというか。

»» 答え


エコマップ

»» 閉じる

■介護サービスは、公的・民間・NPOなどによるフォーマルサービス以外に家族やボランティアなどによるサービスがある。これを何というか

»» 答え


インフォーマルサービス

»» 閉じる

■ケアプランは大きく分けると3つあるが、その3つを述べよ

»» 答え


居宅サービス計画・施設サービス計画・介護予防サービス計画

»» 閉じる

■基本的に利用者、家族、すべてのサービス提供事業者が参加し、ケアプランの修正や最終決定をする会議を何というか。

»» 答え


サービス担当者会議

»» 閉じる

■空欄を埋めよ。

①        は、サービスや援助の方向性を決めるチーム全体の計画であり、ケアマネジャーが中心となって作成する場合がほとんどである。一方、②        はケアプランをもとに、利用者ひとりひとりに提供される援助内容を示すもので、介護福祉士や、訪問看護師などの各々の専門職が独自に具体的な援助方針や実施内容を作成する。ただし、ケアプランに反する内容のものは記載できない。あくまでケアプランに沿って作成しなければならない。

»» 答え


介護サービス計画(ケアプラン) ②介護計画(個別介護計画、個別援助計画)

»» 閉じる

■ケアマネジメントの過程で、スクリーニングおよびインテーク、アセスメント、目標の設定とケアプランの作成、実施、評価、終結と、もう一つの過程は何か

»» 答え


モニタリング

»» 閉じる

■空欄を埋めよ。

介護サービスでは、省令の「運営基準」で、各種サービスの「提供拒否の禁止」が規定されており、「①    なくサービスの提供を拒んではならない」と明記されている。提供を拒む①    には、居宅サービスでは②  ③       である場合、施設サービスでは②  ④     が主に該当する。

»» 答え


正当な理由 ②現員数 ③通常の事業の実施地域外 ④入院治療の要否

»» 閉じる

■訪問介護に関する次の文章の空欄を埋めよ

生活援助サービスと身体介護サービスに分けられている。対象者は居宅の要介護者(要介護1~5)であり(老人福祉法に規定している軽費老人ホーム、有料老人ホーム、養護老人ホームにおける居室を含む)、①       に基づくサービスが提供される。訪問介護の提供にあたっては、個別援助計画として ②    を作成し、その内容について利用者またはその家族に対して説明し、③  を得なければならない。

»» 答え


居宅サービス計画(ケアプラン) ②訪問介護計画 ③同意

»» 閉じる

■通所介護に関する次の文章の空欄を埋めよ。

居宅要介護者について、特別養護老人ホーム、養護老人ホームおよび老人福祉センター等の施設または老人デイサービスセンタ―に通わせ、当該施設において入浴、排せつ、食事等の介護、生活等に関する相談および助言、健康状態の確認その他必要な日常生活上の世話、並びに機能訓練を行う。生活障害を改善し、日常生活の活性化に貢献する。また、①     という効果もある。なお、単に「通所介護」という場合、認知症対応型通所介護に該当するものは含まれない。
通所介護では、個別援助計画である②   を作成し、個別ケアを実践する。②   作成のためには、ケアマネジャーが作成した③       から、利用者が通所介護に何を求めているのかを明確に把握する必要がある。

»» 答え

家族の介護負担の軽減(レスパイトケア) ②通所介護計画 ③居宅サービス計画(ケアプラン)

»» 閉じる

■ショートステイは大きく分けると2種類あるが、それを述べよ。

»» 答え


短期入所生活介護短期入所療養介護

»» 閉じる

■空欄を埋めよ。
居宅サービスの特定施設入居者生活介護における特定施設とは

①    ②    ③    の3つで、定員が④ 人以上で都道府県から居宅サービスの特定施設入居者生活介護の事業者指定をうけたもの。

»» 答え


有料老人ホーム ②軽費老人ホーム ③養護老人ホーム ④30

»» 閉じる

■空欄を埋めよ。
有料老人ホームは①    に規定された居住施設で② つの類型がある

»» 答え


老人福祉法 ②

»» 閉じる

■軽費老人ホームに関する次の記述の空欄を埋めよ

①    に規定された老人福祉施設。家庭での日常生活に近い環境で、最低限の生活支援サービスを受けながら、自立した生活を送ることができる住居。食事サービスのあるA型、食事サービスのないB型、食事サービスがあり、介護が必要になった場合に、介護保険の居宅サービスが受けられるC型(ケアハウス)の3種類があるが、2008(平成20)年度から②    の基準を標準化して一元化された。

2010(平成22)年度からは、都市部において居室面積や職員配置基準の特例を設けて利用料の低廉化を図った③    (定員④ 人以下)が設立できるようになった。

»» 答え


老人福祉法 ケアハウス ③都市型軽費老人ホーム 20

»» 閉じる

■養護老人ホームに関する次の文章の空欄を埋めよ

①    に規定される経済的、社会的理由により地域で生活を維持、継続できない人のための福祉施設である。もともとは介護を必要としない自立した65歳以上の高齢者で低所得などの原因によって自宅で生活ができないなどの②    を持つ方が入所対象であったが、2005年の介護保険制度改正で特定施設の指定を受けることができるようになった。ただし、介護サービスは外部のサービス利用を前提としている。

»» 答え


老人福祉法 経済的理由

»» 閉じる

■車いす、自動排泄処理装置、自動排泄処理装置の交換可能部品、入浴用椅子、簡易浴槽はそれぞれ、福祉用具貸与と特定福祉用具販売のどちらか

»» 答え

福祉用具貸与:車いす、自動排泄処理装置
特定福祉用具販売:自動排泄処理装置の交換可能部品、入浴用椅子、簡易浴槽

»» 閉じる

■介護老人保健施設に関する次の文章の空欄を埋めよ

①    を設置の根拠法とする介護保険施設。慢性期、維持期にある治療を要する状態ではない高齢者で退院後すぐに在宅生活を送ることが難しい場合の中間施設として位置づけられている。②   に向けたリハビリテーションなどを行い、生活の再構築を支援する施設である。

介護老人保健施設の人員は、③  (常勤)看護・介護職員、理学療法士、作業療法士または言語聴覚士、介護支援専門員、支援相談員等の配置基準が定められているが、リハビリテーションの専門職である理学療法士(PT)作業療法士(OT)または言語聴覚士(ST)④  としているのは、介護保険施設のなかでは介護老人保健施設のみである。

»» 答え

介護保険法 ②在宅復帰 医師 ④必置

»» 閉じる

■介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に関する次の文章の空欄を埋めよ。
老人福祉法を設置の根拠法とする施設。高齢による身体・精神の①   のため、②   を必要とする高齢者のうち、居宅で介護を受けることが難しい人のための施設で、原則として要介護③ 以上の高齢者が入所することができる。ただし、要介護1・2でも、単身世帯等家族の支援が見込めず地域の介護サービスの供給が不十分であるなど、一定の場合には入所可能。市役所などに設置されている入所検討委員会が決定する。

»» 答え


著しい障害 ②常時の介護 ③

»» 閉じる

■介護保険施設に関する次の文章の空欄を埋めよ。
介護保険施設とは、利用する施設サービスが保険給付の対象となる施設で、①    に指定を受けた②      ③      、介護療養型医療施設を指す。ただし、介護療養型医療施設は廃止され、介護医療院が加わる予定である。

»» 答え

都道府県知事 ②介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
介護老人保健施設

»» 閉じる

■介護保険施設などにおいて、利用者を10人程度の少人数単位にして家庭的な個別ケアを実践するケアのあり方を何というか

»» 答え


ユニットケア

»» 閉じる

■施設サービスの関する次の文章の空欄を埋めよ施設サービス自体は以下の2種類でシンプルである。

  • ①     
    入所定員が② 人以上の③        において、施設サービス計画(ケアプラン)に基づいて行われる入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理および療養上の世話を行う。
  • ④     
    介護老人保健施設において、施設サービス計画(ケアプラン)に基づいて行われる、看護、医学的管理の下における介護および機能訓練その他必要な医療並びに日々の生活上の世話を行う。

    »» 答え

    介護福祉施設サービス ②30 ③介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) ③介護保険施設サービス

    »» 閉じる

■地域密着型サービスに関する次の文章の空欄を埋めよ

地域密着型サービス①   年の介護保険法の改正により、②   年に整備されたものである。2011(平成23)年の同法改正により、2012(平成24)年に新たに③    ④    が地域密着型サービスに追加された。さらに⑤   年の同法改正により、⑥   年から⑦   が追加された。地域密着型サービス事業者の指定は⑧   が行う。原則として指定を行った⑧   の被保険者のみが利用できる。

»» 答え

2005(平成17) ②2006(平成18)定期巡回・随時対応型訪問介護看護 複合型サービス 2014(平成26) ⑥2016(平成28) ⑦地域密着型通所介護 ⑧市町村

»» 閉じる

■認知症対応型通所介護に関する次の文章の空欄を埋めよ

①    であり、かつ②    の症状があるものについて、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、および老人福祉センター等の施設または老人デイサービスセンターに通わせ、入浴、排泄、食事等の介護、生活等に関する相談および助言、健康状態の確認その他の必要な日常生活上の世話や機能訓練を行うサービス。

»» 答え


居宅要介護者 ②認知症

»» 閉じる

■地域密着型通所介護に関する次の文章の空欄を埋めよ

①   の介護保険法改正により創設されたサービス。施行は②   )居宅要介護者について、老人デイサービスセンターなどに通わせ、当該施設において入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって厚生労働省令で定めるものおよび機能訓練を行う。利用定員が③ 人以下であるものに限る。また認知症対応型通所介護に該当するものを除く。利用者が19人以上であれば居宅サービスの通所介護に該当する。

»» 答え

2014(平成26 ②2016(平成28) ③18

»» 閉じる

■次の文章の空欄を埋めよ
小規模多機能型居宅介護  人以下の登録利用者である高齢者の生活を中心におき、利用者の活動に合わせ、通い、訪問、宿泊などを組み合わせ、柔軟に生活を支援するサービス。

»» 答え


29

»» 閉じる

■認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に関する次の文章の空欄を埋めよ

①    であってかつ②    であるものについて、共同生活を営むべき住居において、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話や機能訓練を行う。

1ユニット③     (原則最大④ ユニットであるが、必要と認められる場合は⑤ ユニットにすることができる)の小規模施設である。居室は原則として⑥  で、居間・食堂・台所・浴室などが設けられている。利用者の生活リズムを大切にし、ともに暮らす空間を重要視し、安心できる生活環境を整えることに重点がおかれている。

»» 答え

要支援2か要介護者 ②認知症 5人以上9人以下 ④ ⑤ 
個室

»» 閉じる

■次の文章の空欄を埋めよ
地域密着型特定施設とは、①    ②    ③    で、入居者が要介護者とその配偶者等に限られる介護専用特定施設のうち、入居定員が④ 人以下のもの。

»» 答え


有料老人ホーム ②養護老人ホーム ③軽費老人ホーム ④29

»» 閉じる

 

■地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護に関する次の文章の空欄を埋めよ。

① 人以下の②       で入所する要介護者について、サービス内容、担当者、要介護者やその家族の生活に対する意向、支援の方針等の事項を定める計画(地域密着型施設サービス計画(ケアプラン))に基づいて、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理および療養上の世話を行うサービス。

»» 答え


29 ②介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

»» 閉じる

■複合型サービスに関する次の文章の空欄を埋めよ

居宅要介護者について、居宅サービスや地域密着型サービスを2種類以上組み合わせて提供するサービスであるが、現状では訪問看護と小規模多機能型居宅介護の組み合わせしかないため、2015(平成27)年4月から「     」と呼ばれることになった。前述の小規模多機能型居宅介護に訪問看護の要素が加わり医療面の不安が軽減されている。

»» 答え


看護小規模多機能型居宅介護

»» 閉じる

■居宅介護支援に関する次の文章の空欄を埋めよ

居宅要介護者が居宅サービス、地域密着型サービス等を適切に利用することができるよう、①    介護支援専門員(ケマネジャー)が要介護者の依頼を受けて②     を作成し、居宅サービス事業者、地域密着サービス事業者などとの連絡調整を行うサービス。
居宅要介護者が地域密着型介護老人福祉施設または介護保険施設への入所を必要とする場合は、その紹介、その他の便宜の提供も行う。
居宅介護支援は介護の入り口となる重要なサービスで、全額が介護保険で賄われており、自己負担は③ である。

»» 答え

居宅介護支援事業者 ②居宅サービス計画 ③ゼロ

»» 閉じる

■介護予防支援に関する次の文章の空欄を埋めよ

実質的なサービス内容は介護給付の居宅介護支援に準ずるが、介護予防サービス計画(ケアプラン)の作成は原則として     (所属している保健師、ケアマネ等介護予防支援に関する知識を有する者)が作成する。ただし、居宅介護支援事業者介護予防サービス計画(ケアプラン)の作成を委託することも可能である。

»» 答え


地域包括支援センター

»» 閉じる

■総合事業サービスに関する次の文章の空欄を埋めよ

総合事業(介護予防・日常生活支援総合事業)とは①   年4月に施行された新しいサービスである。この事業の趣旨は「②   が中心となって、地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実することで、地域で支え合う体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を可能とすることを目指すもの」としている。

介護給付予防給付は国の介護保険制度によって基準や単価が③   であったが、新しい総合事業では各市町村が基準や単価を設定して運営する。各自治体が主体となることで自由度が高くなり、地域の実情に応じたサービスを創意工夫によって提供できるようになると期待されている。

また、既存の介護事業所だけではなく、NPO、ボランティア団体、民間企業、地域住民などによるサービス提供も可能になり、高齢者の生活を地域全体で支援する取り組みが進むことにより、地域活力の向上つながることも期待されている。

»» 答え

2015(平成27) ②市町村 ③全国一律

»» 閉じる

■総合事業に関する次の文章の空欄を埋めよ

総合事業は、①       ②       の2事業で構成されている。

①       は要介護認定で③   の認定を受けた高齢者と「④   」による判定で、要介護・要支援となるリスクが高いと判定された高齢者を対象としている。

一方、介護予防体操教室や介護の専門家を招いた講演会などに相当する②      は、前者の要支援認定を受けた高齢者も含む、65歳以上の全ての高齢者(第一号保険者)に加え、⑤      対象としている。

»» 答え

介護予防・生活支援サービス事業 ②一般介護予防事業 ③要支援1・2基本チェックリスト ⑤その支援のための活動に関わるもの

»» 閉じる

■介護サービスに関する次の表の①~㊱を埋めよ。

 

都道府県が指定・監督を行うサービ

市町村が指定・監督を行うサービ

その

  

     

 

介護給付

居宅サービス
~訪問サービス~
①~⑤

~通所サービス~
⑥⑦

~短期入所サービス~
⑧⑨

~他~
⑩~⑫

施設サービス
⑬⑭

地域密着型サービス

⑮~㉓

 

 

居宅介護支援

住宅改修

 

 

 

予防給付

介護予防サービス
~訪問サービス~

㉔~㉗

~通所サービス~

~短期入所サービス~
㉙㉚

~他~
㉛~㉝

 

地域密着型介護予防サービス
㉞~㊱

介護予防支援

住宅改修

 

総合事業

 

運営する自治体によって異なる

 

»» 答え


①~⑤
訪問介護、訪問看護、訪問入浴介護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導
⑥⑦
通所介護、通所リハビリテーション
⑧⑨
短期入所生活介護、短期入所療養介護
⑩~⑫
特定施設入居者生活介護、福祉用具貸与、特定福祉用具販売
⑬⑭
介護福祉施設サービス、介護保険施設サービス
⑮~㉓
定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護、地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、看護小規模多機能型居宅介護(複合サービス)

㉔~㉗
介護予防訪問看護、介護予防訪問入浴介護、介護予防訪問リハビリテーション、介護予防居宅療養管理指導

介護予防通所リハビリテーション
㉙㉚
介護予防短期入所生活介護、介護予防短期入所療養介護
㉛~㉝
介護予防特定施設入居者生活介護、介護予防福祉用具貸与、特定介護予防福祉用具販売
㉞~㊱
介護予防認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型共同生活介護、介護予防小規模多機能型居宅介護

»» 閉じる

■都道府県が指定・監督を行うサービスで介護給付にあって、予防給付にないものは何か

»» 答え


訪問介護、通所介護、施設サービス(介護福祉施設サービス、介護保険施設サービス)

»» 閉じる

■民生委員に関する次の文章の空欄を埋めよ

民生委員法に基づいて厚生労働大臣から委嘱(特定の仕事をひとにまかせ、頼むこと)された非常勤の地方公務員である。ボランティアとして活動するため、給与はない。ただし、必要な交通費・研修参加費などの活動費(定額)は支給される。社会福祉の増進のために、地域住民の立場から生活や福祉全般に関する相談・援助活動を行う。また、全ての民生委員は児童福祉法によって①   も兼ねており、妊娠中の心配事や子育ての不安に関する様々な相談や支援も行っている。核家族化が進み、地域社会のつながりが薄くなっている今日、子育てや介護の悩みを抱える人や、障害のある方、高齢者などが孤立し、必要な支援を受けられないケースがある。そこで、民生委員・児童委員が地域住民の身近な相談相手となり、支援を必要とする住民と行政や専門機関をつなぐパイプ役を務めている。

民生委員は、町会、自治会の推薦などから民生委員・児童委員にふさわしい人を都道府県知事に推薦し、最終的に②     ③     ④  し、③      ⑤  し決まる。任期は⑥ 年である。個人の私生活に立ち入ることもあるため、活動上知り得た情報については守秘義務が課せられている。この守秘義務は⑦   引き続き課される。

»» 答え

児童委員 ②都道府県知事 ③厚生労働大臣 ④推薦 ⑤ ⑥ 退任後も

»» 閉じる

■福祉事務所に関する次の文章の空欄を埋めよ

地域住民の福祉を行う行政機関である。福祉事務所という名称は、法的に定めのある固有の名称ではなく便宜的につけられた名称で、地域によっては福祉事務センターなど別の名称を付けている場合もある。
①    および②    は条例で福祉事務所の設置が③       ①    が設置する福祉事務所は、④     ⑤      、および⑥       に関する案件を扱い、②    の福祉事務所は、これらに加えて⑦    ⑧    ⑨    に関する案件も扱う役割を担うことが社会福祉法で定められている。

»» 答え

都道府県 ②市(特別区を含む) ③義務付けられている ④生活保護法児童福祉法 母子及び父子並びに寡婦福祉法 ⑦老人福祉法身体障害者福祉法 ⑨知的障害者福祉法
★市が扱う案件は福祉六法に関連するものと覚えておけばよい

»» 閉じる

■地域包括支援センターに関する次の文章の空欄を埋めよ

①    年の介護保険法の改正によって②    年に新設された。地域の保健医療福祉をつなぐ包括的で継続的な支援を行う機関である。地域における介護相談の最初の窓口となるのが地域包括支援センターであり、高齢者が住み慣れた自宅や地域で生活できるように、必要な介護サービスや保健福祉サービス、その他、日常生活支援などの相談に応じている。地域包括支援センターは、原則市町村に一か所以上設置することになっているが、定数に決まりはなく、市町村によっては10か所以上配置しているところもある。地域包括支援センターが担当する地域を③    という。人口2~3万人ごとの地域包括支援センターの担当地域を指し、多くの場合④    ごとの学区がこれにあたる。地域包括支援センターの責任主体は⑤    であり、センター設置の可否や担当圏域設定などは、⑤    が行う。センターには、原則として⑥   ⑦    ⑧    (これらに準ずるものを含む)が配置される。

»» 答え

2005(平成17) ②2006(平成18)日常生活圏 ④中学校 ⑤市町村保健師 ⑦社会福祉士 ⑧主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)

»» 閉じる

■身体拘束がもたらす弊害として、身体的弊害、精神的弊害とあと1つは何があるか。

»» 答え


社会的弊害

»» 閉じる

■高齢者虐待に関する次の文章の空欄を埋めよ

高齢者虐待防止法において、高齢者虐待は、身体的虐待心理的虐待性的虐待経済的虐待ネグレクト(介護・養護の放棄)に区分される。高齢者の生命または身体に重大な危険が生じている場合、発見者は①   への②   がある。通報義務は、他の法律などで定められている守秘義務より③    
2017(平成29)年の「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」によると、養護者による虐待における虐待者の続き柄は④  が最も多く、虐待を受ける高齢者の性別は⑤  、年齢は⑥ 歳代が多い。虐待発生の要因はさまざまだが、虐待防止のために、介護負担の軽減や障害に対する知識、介護技術の指導など介護福祉士の果たす社会的役割は大きい。

»» 答え


市町村 ②通報義務 ③優先される ④息子 ⑤女性 ⑥80

»» 閉じる

 

■2017(平成29)年の「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」に関する次の文章の空欄を埋めよ。

・相談・通報者 2,201 人のうち、「①     」が 510 人(23.2%)で最も多く、次いで「②     」が 460 人(20.9%)であった。

・被虐待高齢者における虐待者との同居・別居の状況については、「③     」が 8,863 人(50.5%)で最も多く、「虐待者及び他家族と同居」の 6,413 人(36.6%)と合わせると 15,276 人(87.1%)の被虐待高齢者が虐待者と同居していた。

»» 答え


①当該施設職員 ②家族・親族 ③虐待者のみと同居

»» 閉じる

 

■2017(平成29)年の「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」に関する次の文章の空欄を埋めよ。

・被虐待高齢者の家族形態は、「①     」が 6,257 人(35.7%)で最も多く、次いで「②     」が 3,855 人(22.0%)、「子夫婦と同居」が 2,307 人(13.2%)であった。

・虐待の事実が認められた施設・事業所の種別は「③      」が 155 件(30.4%)で最も多く、次いで「有料老人ホーム」が 110 件(21.6%)、「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」が 73件(14.3%)、「介護老人保健施設」が 53 件(10.4%)であった。

・養介護施設従事者等による虐待において特定された被虐待高齢者 854 人のうち、
待の種別では「④    」が 511 人(59.8%)で最も多く、次いで「⑤    」261 人(30.6%)、「介護等放棄」144 人(16.9%)であった。

»» 答え


①未婚の子と同居 ②夫婦のみの世帯 ③特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設) ④身体的虐待 ⑤心理的虐待

»» 閉じる

■児童虐待を発見したものは児童虐待防止法により通告義務が発生するが、どこに通告すればよいか。

»» 答え


市町村または児童相談所

»» 閉じる

■福祉関係事業者に対する具体的な個人情報保護のために策定されたものは何か

»» 答え


福祉分野における個人情報保護に関するガイドライン

»» 閉じる

■1件の重大事故の背景に29件の軽傷を伴う事故と、300件のヒヤリ・ハットがあるという考え方を何というか。

»» 答え


ハインリッヒの法則

»» 閉じる

■JISマークの表示制度を利用している福祉用具を3つ答えよ

»» 答え


手動車いす、電動車いす、在宅用電動介護用ベッド

»» 閉じる

■次の文章の空欄を埋めよ

介護の場面で発生した事故については、介護福祉士などの発見者からリーダーに報告し、最終的に施設や事業所の①   に報告するしくみを整備することが義務付けられている。
介護保険施設や事業所内では、チーム全体に事故情報が②  ③   で伝達していく仕組みが重要である。事故発生の経緯とその後の対応などを組織的に共有することも必要となる。
2000(平成12)年から、介護保険法や老人福祉法の規定に基づく運営基準において、介護事故について④   ⑤   等への報告が義務付けられた。また、行政機関に対して⑥  での報告も求められる。

»» 答え


管理者 ②口頭 ③事故報告書 ④市町村 ⑤家族 ⑥書面

»» 閉じる

■次の文章の空欄を埋めよ

介護保険施設や事業所においては、「①       」を作成して、非常災害時の関係機関への通報連携体制を整備して定期的に避難、救出訓練を行うことが②     。具体的には、消防計画、風水害、地震等の災害に対処する計画をいい、消防計画および消防業務の実施については、防火管理者を置くこととされている。

»» 答え


非常災害に関する具体的な計画 ②義務付けられている

»» 閉じる

■思いがけない出来事で、適切な処理が行われなければ事故となる事象を何というか。

»» 答え


インシデント(ヒヤリ・ハット)

»» 閉じる

■感染対策の3原則を述べよ。

»» 答え


感染源の排除、感染経路の遮断、宿主(ヒト)の抵抗力の向上

»» 閉じる

■主な4つの感染経路を述べよ。

»» 答え


接触感染、飛沫感染、空気感染、血液媒介感染

»» 閉じる

■手洗いに関する次の文章の空欄を埋めよ
・まず手を①  で軽く洗う
・石鹸を使用するときは、固形石鹸ではなく必ず②   を使用する。
・使い捨ての③   を使用する。(布タオルの共用はNG)

»» 答え


流水 ②液体せっけん ③ペーパータオル

»» 閉じる

■ノロウイルスの消毒等に有効なキッチンハイター等に含まれる成分は何か。

»» 答え


次亜塩素酸ナトリウム

»» 閉じる

■ヒゼンダニの寄生による皮膚感染症は何か。

»» 答え


疥癬

»» 閉じる

免疫力が低下しているために、通常なら感染症を起こさないような感染力の弱い病原菌が原因で起こる感染症を何というか

»» 答え


日和見感染症

»» 閉じる

■仕事への気力を失って心身ともに疲れ果てた状態となることを何というか。

»» 答え


燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)

»» 閉じる

■労働基準法に関する次の文章の空欄を埋めよ

労働条件の①    を示す法律であり、他人を1人でも使用する事業に適用される。1週間の労働時間は40時間、1日の労働時間は8時間を超えて労働させてはならない。また、女性の産前② 週間(請求があった場合)以内、産後③ 週間以内の就業禁止等を定めている。

»» 答え


最低基準 ②6 ③8

»» 閉じる

■事業者に職場の安全衛生管理体制づくりを義務付け、労働者には、労働災害の防止に関する措置に協力するように義務付けている法律をなんというか。

»» 答え


労働安全衛生法

»» 閉じる

■労働安全衛生法における、介護事業における安全衛生管理体制は下の表のとおりである。空欄を埋めよ

選任が定められているもの

労働者の数

総括安全衛生管理者

1000人以上

③    

① 人以上(②  人以上で専属配置)

④    

① 人以上

衛生推進者

10人以上50人未満

⑤    

① 人以上

»» 答え


50 ②1000 ③産業医 ④衛生管理者 ⑤衛生委員会

»» 閉じる

 

■育児・介護休業法に関する次の文章の空欄を埋めよ
育児や家族の介護を行う労働者を支援する目的で、①   ②   、ならびに③    ④    について定めている。その他に、対象労働者の⑤    ⑥    、支援措置などを定めている。

»» 答え

育児休業 ②介護休業 子の看護休暇 介護休暇 ⑤時間外労働の制限 深夜業の制限

»» 閉じる

■介護休業に関する次の文章の空欄を埋めよ

負傷、疾病又は身体上若しくは精神上の障害により、①   以上の期間にわたり②   を必要とする状態にある対象家族の介護や日常生活上の世話をするためのもので、対象家族1人につき、要介護状態に至るごとに③ 回、通算④ 日まで⑤ により取得できる。
介護休業の対象となる家族には、配偶者(事実上婚姻関係と同様の事情にある者も含む)、父母、子、配偶者の父母のほか、労働者が⑥  し、かつ⑦  している祖父母、兄弟姉妹、孫が含まれている。よって、別居の祖父母は対象外となる。 

»» 答え


2週間 ②常時介護 ③ ④93 ⑤申請 ⑥同居 ⑦扶養


»» 閉じる


■介護休暇に関する次の文章の空欄を埋めよ

介護のための短期の休暇制度として、1年度において最大① 日間、介護対象者が二人以上の場合は10日間取得することができ、有給休暇とは別に与えられる休暇であると定められている。休暇の取得は1日単位もしくは② 単位で取得することができる。対象家族の通院等の付き添いや介護サービスを受けるために必要な手続きの代行などに利用できる。

»» 答え


 ②半日

»» 閉じる

■女性労働者の婚姻、妊娠、出産等を理由とする不利益取り扱いを禁止している法律を何というか。

»» 答え


男女雇用機会均等法

»» 閉じる

■社会福祉士及び介護福祉士法に基づいて、介護福祉士に課せられている誠実義務に関する次の文章の空欄を埋めよ。

その担当する者が①      を保持し、②      を営むことができるよう、常に③       、誠実にその業務を行わなければならない。

»» 答え


個人の尊厳 ②自立した日常生活 ③その者の立場に立って

»» 閉じる

■地域包括支援ネットワークに関する次の文章の空欄を埋めよ。

高齢者や障害のある人などを支援するために、さまざまな社会的資源が有機的に連携することができる環境整備として構築されるものである。高齢者虐待防止ネットワーク見守りネットワークなどがある。
        は、行政機関、医療機関、介護サービス事業者、地域の利用者やその家族、地域住民、民生委員、社会福祉協議会等の関係団体等によって構成される人的資源からなる地域包括支援ネットワークの構築(市町村内の他機関との連携)に努める必要がある。

»» 答え


地域包括支援センター

»» 閉じる

 

■医療、介護等の多職種が協働して高齢者の個別課題の解決を図ったり、個別ケースの課題分析等を積み重ねることにより、地域に共通した課題を明確化したり、地域包括支援センター等が主催する、地域包括ケアシステムの実現に向けた手法は何か。

»» 答え


地域ケア会議

»» 閉じる