■すべての人に公平で使いやすいデザインを何というか。

»» 答え


ユニバーサルデザイン

»» 閉じる

■自己の思想や価値観、感情などについて、客観的に理解することを何というか。

»» 答え


自己覚知

»» 閉じる

■相手をあるがままに受け容れる援助者の態度をなんというか。

»» 答え


受容

»» 閉じる

■互いに信頼し合い、心理的距離が縮まり、感情の交流を行うことができる状態を何というか。

»» 答え


ラポール

»» 閉じる

■話すことや書くことによるコミュニケーションの伝達媒体を何というか。

»» 答え


言語的伝達媒体

»» 閉じる


■表情や視線、動作、スキンシップなどによるコミュニケーションの伝達媒体を何というか。

»» 答え


非言語的伝達媒体

»» 閉じる

■認知症や失語症、知的障害などにより、表現力が低下している人とのコミュニケーションでは、言葉だけでなく、何を含めて理解することが必要か

»» 答え


非言語的コミュニケーション
例)服装、笑顔、香り

»» 閉じる

■座っている利用者と接するとき、介護福祉職の適切な目線はどの高さか。

»» 答え


利用者の目線と同じ高さ

»» 閉じる

■利用者との関係を作る際に有効な座り方はどのようなものか

»» 答え


直角法

»» 閉じる

■話を誘導するのではなく、徹底した傾聴的な態度で話を聴くカウンセリング技法を何というか

»» 答え


非指示的雰囲気づくり

»» 閉じる

■利用者の言葉を繰り返すカウンセリング技法をなんというか。

»» 答え


反射

»» 閉じる

■言葉の中に含まれている感情を言葉にして、利用者に伝えるカウンセリング技法をなんというか

»» 答え


感情の反射

»» 閉じる

■言葉に含まれている感情を明らかにすることで、気づかなかった感情に触れるカウンセリング技法をなんというか

»» 答え


感情の明確化

»» 閉じる

■ワープロのように入力することで文字が表示され、それを音声で読み上げる道具をなんというか

»» 答え


トーキングエイド

»» 閉じる

■アメリカの心理学者カール・ロジャースが創始した心理療法をなんというか

»» 答え


来談者中心療法(クライエント中心療法)

»» 閉じる

■ロジャースが強調した援助者の態度のうち、自分の内面を受け入れて、自己が一致している状態にあることを何というか

»» 答え


自己一致

»» 閉じる

■ロジャースが強調した援助者の態度のうち、利用者を無条件に受け止めて、肯定的な関心を持ち続けることを何というか

»» 答え


無条件の肯定的関心

»» 閉じる